家庭内ではどこまで消毒するべき?お風呂編

感染が疑われる場合や感染者が家族にいる場合など、家庭内感染を避けるには、お風呂もこれまでと同じというわけにはいきません。ウイルスなどの感染が疑われる際、お風呂にも除菌・消毒が必要です。

こちらでは、感染が疑われる際にお風呂を掃除する方法と、消毒する場所についてご紹介いたします。いざというときに困らないためにも、微酸性電解水の除菌スプレー「まましゅっしゅ」と併せてぜひご覧ください。

お風呂の清掃や除菌・消毒のポイントは?

お風呂の清掃や除菌・消毒のポイントは?

「ウイルスに感染しているかも」「家族に感染者が出た」「体調が悪くて不安」など、家庭内でのウイルス対策が必要な場合は、どうすればいいのでしょうか?

家族との接触を避けるため、できるだけ部屋から出ない生活になりますが、トイレとお風呂の利用は避けられません。お風呂の場合、1日や2日は我慢できても、ずっと入らないということは難しいでしょう。家族に感染者がいると考えられる場合、お風呂は以下のことに注意しましょう。

しっかり洗って除菌・消毒する

お風呂を洗う際は、特別な洗剤を用意する必要はありません。手を石鹸で洗うように、お風呂も普段の洗剤で洗えば大丈夫です。

ただし、しっかりと殺菌したい場所があります。

  • 直接肌が触れるお風呂のイス
  • 汚染物(吐瀉物など)を洗った後の床

は、安全のため消毒をおすすめします。

【消毒の方法】

薄めた次亜塩素酸ナトリウムを流し、しばらくたってから水ですすぎます。その際、手袋やマスク、眼鏡やゴーグルをつけ、必ず換気するようにしましょう。

掃除や除菌・消毒に利用したスポンジも、菌がついていることがあるため、消毒すると安心です。

感染を防ぐため換気を行う

空気中に飛び散った菌を吸い込まないため、換気扇や窓を開け、エアロゾル感染を防ぎましょう。このとき、1カ所よりも2カ所開ける方が、より空気が入れ替わりやすくなります。

触れたところは除菌・消毒する

除菌・消毒をする場所は、手や肌が触れたところです。

  • ドア
  • 蛇口
  • シャワー
  • 洗面器
  • イス
  • 手すり
  • 浴槽のフチ
  • シャンプーやボディーソープ
  • スイッチパネル

などがその例です。思った以上に広いですが、忘れずに除菌・消毒しましょう。洋服を脱ぐ脱衣所も、除菌スプレーなどで除菌しておくと安心です。

一人ひとりができること

感染者や感染が疑われる人は、一番風呂に入るのではなく、最後に入浴するようにしましょう。その際、湯船の利用は避け、シャワーで済ませるとよいでしょう。

また、洗面器や浴槽のフチなどには意識的に触らないようにします。入浴後は換気し、お風呂を掃除しましょう。同居の家族がシャンプーなどを利用する際は、指ではなく手の甲などでプッシュするようにします。また、タオルの共有は絶対にやめましょう。

基本的に、熱がある、体調が悪い場合は無理をせず入浴するのは避けましょう。感染している可能性がある場合は、大丈夫などと油断せず、感染しているものと仮定して、注意深く入浴するようにしましょう。

お風呂は共有部分が多いです。家族で事前にルールを確認し、家庭内感染を防ぎましょう。