赤ちゃんとのお出かけ、おむつ交換・授乳時の感染対策はどうする?

赤ちゃんとのお出かけは楽しいものです。外の空気に触れるだけでも、赤ちゃんにはよい刺激となり、ママの心もリフレッシュされます。同時に、なかなか収まらない新型コロナウイルスやインフルエンザが怖くて、外出が不安というママ・パパも少なくありません。こちらでは赤ちゃんとのお出かけ時に、気をつけたいおむつ交換や授乳についてご紹介いたします。

赤ちゃんの笑顔のためにも、身の回りを清潔に保つことが大切です。除菌スプレー「まましゅっしゅ」の主成分である微酸性電解水は、人が体内で生成する成分「次亜塩素酸」を主として構成されている「水(次亜塩素酸水)」です。様々なウィルスや菌から「水」でやさしく子どもを守りませんか。

「換気が悪く、人が集まる場所」ママ・パパたちの不安

「換気が悪く、人が集まる場所」ママ・パパたちの不安

赤ちゃんと一緒に外出したいけれど、いろいろ不安で…というママ・パパは多いです。特に挙げられる意見としては、

  • 子供が集まる場所は密になりがち
  • 室内施設は換気が心配…
  • 他の子供とのおもちゃの共有や距離が心配
  • ママ友に会ったら、至近距離で話してしまいそう
  • 授乳室がいっぱいかも…
  • 他の赤ちゃんとおむつ交換台を共有して使うのに抵抗がある
  • 除菌したいが、赤ちゃんが舐めても大丈夫か気になる

などの意見があります。

赤ちゃんや幼い子供が集まる代表的な場所として、公園やショッピングモール、室内型遊び場、フードコート、授乳室や休憩スペースなどがあります。

赤ちゃんやママ・パパにとって楽しい場所は、人混みや換気が気になるものです。また、赤ちゃんが触れるもの全てが気になるなど、多くのママ・パパが不安を感じています。

おむつ替えシートは必須アイテム!

おむつ替えシートは必須アイテム!

赤ちゃんと外出をする際は、おむつ替えシートを利用していますか?おむつ替えシートとは、おむつ交換の際に、赤ちゃんの粗相で周りを汚さないためのものです。

おむつ交換台を利用するため、あまり必要と感じたことはない…と思われるかもしれませんが、様々なウイルスやバイ菌から赤ちゃんを守るためにも、ぜひ利用しましょう。

おむつ換えシートがあれば、

  • 硬い床や冷たい床でのおむつ換えに、クッションとなる
  • 友人宅などのおむつ換えで、床や洋服を汚す心配がない
  • 屋外でのおむつ換え時に、赤ちゃんを汚れから守る
  • 赤ちゃんを寝かせられるスペースさえあれば、いざというときもおむつ換えが可能
  • 赤ちゃんがおむつ交換台に直接触れない

など、メリットは多いです。

特に、不特定多数で共有するおむつ交換台は、衛生面が気になるところです。おむつ交換シートがあれば、赤ちゃんが少々ジタバタしても、周りのものに肌が触れる心配もありません。

様々なウイルスやバイ菌対策のためにも、おむつ換えシートは準備しておきましょう。

ショッピングモールの授乳室を使うときは

ショッピングモールは、授乳室や休憩スペースなどがあり、赤ちゃん連れの外出にもぴったりの場所です。しかし、新型コロナウイルスやインフルエンザ、様々なバイ菌のことを考えると、授乳室の利用が心配で…というママ・パパも少なくありません。

授乳室を利用する際は、以下のことに注意しましょう。

ケープを利用する

授乳時は、赤ちゃんを守るようにケープで覆いましょう。

除菌スプレーや除菌シートを用意する

除菌・消臭グッズが用意されているところもありますが、自身が使いやすいものを用意しておきましょう。ママ・パパや赤ちゃんが触れるところは、使用前に除菌・消毒しましょう。

外出時は必ず授乳室を利用することを想定し、ケープや除菌・消毒グッズを用意しましょう。