知っておきたい!正しい手洗い・うがい・消毒

新型コロナウイルス対策が必要とされる以前より、風邪予防には「外から帰ったらうがい・手洗い」が重要といわれていました。とてもシンプルなことですが、うがいや手洗いには、バイ菌やウイルスを寄せ付けない力があります。

また、さらなる対策として消毒がありますが、きちんと消毒スプレーを利用できていますか?こちらでは、手洗い・うがい・消毒の正しい方法についてご紹介いたします。バイ菌やウイルスに負けないためにも、正しい習慣をつけましょう。次亜塩素酸水を活用した除菌水シリーズ「まましゅっしゅ」と併せてご確認ください。

きちんと丁寧に!正しい手洗いのステップ

きちんと丁寧に!正しい手洗いのステップ

風邪予防やウイルス対策の手洗いは、水でさっと洗うだけでは不十分です。以下のステップで、正しく手を洗いましょう。

  1. 袖をまくり、時計や指輪は外しましょう。
  2. 最初は、流水で洗います。
  3. 石鹸をとり、しっかりと泡立てます。
  4. 泡を手の平、手の甲に行き渡らせ、左右の手を組むように指の間をこすりながら丁寧に洗います。
  5. 親指は、反対の手でねじるように洗います。
  6. ものに触れる指先や、汚れが溜まりやすい爪の間は、反対の手の平でこするように洗います。
  7. 手首も忘れずに、反対の手でねじるように洗います。
  8. 流水で、泡と汚れが残らないようにしっかりと流します。
  9. 清潔なタオルで丁寧に水分を拭き取り、完了です。

石鹸は十分に泡立てて使いましょう。石鹸が泡立つことで汚れを浮かせ、効率的に汚れやバイ菌を落とします。また、よく泡立てることで、肌への刺激が少なくなります。

石鹸を泡立てるのが難しい、面倒だと感じたら、泡で出るタイプのハンドソープもおすすめです。

簡単!正しいうがいのステップ

簡単!正しいうがいのステップ

マスクをしていても、空気中のウイルスやバイ菌を吸い込んでしまうかもしれません。口から体内に入ることを防ぐためにも、正しいうがいの方法を覚えましょう。

  1. 水をコップに入れます。(うがい薬を利用する場合は、薬を入れたうがい液を用意)
  2. 水を口に含み、口の中でブクブクと強めにゆすいで、一度吐き出します。
  3. 再び、水を口に含み、今度はのどの奥を重点的にガラガラとうがいします。15秒ほど時間をかけて丁寧にうがいし、一度吐き出します。
  4. 最後にもう一度、水を口に含み、のどの奥でガラガラうがいをし、吐き出します。

外出先から戻ったときや、のどの調子が気になるときに行いましょう。うがいの前には、必ず手を洗ってください。

意外と知らない?正しい消毒のステップ

お店の入り口や会社、病院など、消毒スプレーが設置されている場所も増えています。また、気になったときにいつでも消毒できるよう、携帯用の除菌スプレーを持ち歩いているという方も多いです。

手洗いやうがいの方法は子供の頃に教わることもありますが、消毒については自己流という方が大半ではないでしょうか?

消毒は正しく利用しないと、効果が出ないこともあります。正しい使い方は3ステップです。しっかりと覚えましょう。

  1. 消毒液を手の平に適量出します。
  2. 両手を合わせ、全体的に馴染ませます。このとき、手の平だけではなく、指の間や手の甲、親指周りも忘れずに広げましょう。
  3. 乾いたら完了です。

消毒液がなかなか乾かない場合は、強くこするのではなく、広範囲に広げるようにして乾燥させましょう。

ポイントは、こすらずに広げることです。無理にこすっては、手の常在菌が浮かび上がって菌が増えてしまいます。また、手荒れの原因にもなりますので、強くこするのは避けましょう。