幼児でも「うがい」はできる!おすすめの教え方と注意点

お出かけから戻ったときは、幼児にもうがいをおすすめします。うがいは、風邪の予防やウイルス・バイ菌対策に大切な習慣です。特に幼児はいろいろなものに触れたがるので、菌を落とすためにも、うがいを徹底させましょう。

こちらでは、幼児へ教えるうがいの方法と注意点についてご紹介します。幼児だからまだ難しいと思うのではなく、まずはできることからチャレンジしましょう。

幼児こそうがいをしよう!

幼児こそうがいをしよう!

外から帰ったら、手洗い・うがいをしていますか?ウイルスやバイ菌が気になる今、手洗いはもちろん、うがいもぜひ習慣にしてください。

幼児こそ、うがいは大切です。空気中には多くの菌が漂っており、普段の生活を送るだけでも、ウイルスは口の中から体内へ侵入しようとしています。

特に幼児はいろいろなものに触れたがる時期です。触ったものを舐めたり、口に入れたりすることも珍しくありません。細菌だらけのものを口に入れてしまうと、病原菌に感染するおそれがあります。

感染対策のためにも、幼い頃からうがいの習慣をつけるようにしましょう。

幼児はいつからうがいができる?

幼児はいつからうがいができる?

うがいは、大人にとって簡単な動作でも、幼児にとっては難しいものです。いつ頃からできるかは、うがいの種類によって異なります。

最も簡単なぶくぶくうがいの場合、3歳では約50%が、4歳になると約75%ができるようになるといわれています。ぶくぶくうがいは、口の中に水を入れ、左右に軽くゆらし、吐き出すだけのシンプルなものですが、口の中を洗浄することができます。

ぶくぶくうがいより難易度が高いガラガラうがいになると、3歳で約25%ができるようになります。のどの奥を洗浄するためには、ガラガラうがいが効果的ですので、両方できるようになるようステップを踏んで、毎日少しずつ練習するとよいでしょう。

幼児にうがいを教える方法と注意点

最初は上手くできないかもしれませんが、コツさえ掴めばすぐに上達します。正しいうがいが習慣になるよう、子供と一緒にがんばりましょう!

教え方のポイント

うがいには「ぶくぶくうがい」と「ガラガラうがい」があります。幼児に教えるときには、簡単なぶくぶくうがいから教えましょう。

「ぶくぶくうがい」を教える際は、まずお手本を見せます。ゆっくりと口の中に水を含み、吐き出すときに「べー」と、声に出すとよいでしょう。これができるようになったら、口の中に含む時間を延ばしていき、頬を動かす練習をしましょう。

ぶくぶくうがいができるようになったら「ガラガラうがい」に進みます。口に水を含んだまま、上を向く練習から始めましょう。

このときに飲んでしまうようなら、「あー」と声を出してみるとよいでしょう。上を向けるようになったら、そのまま息を吐く練習をします。最初は弱いですが、徐々にガラガラという音がはっきり聞こえるようになるでしょう。

水をこぼしてしまうのが気になるときは、お風呂場で練習するのもよいでしょう。

教えるときの注意点

うがいの方法を教えるのは、言葉では伝えにくいこともあり、なかなか難しいものです。特に相手が幼児の場合、上手くできなくてイライラしてしまうことがあるかもしれません。

しかし、続けることでコツを掴み、徐々にできるようになります。子供の健康のためにも、根気よく続けるようにしましょう。うがい薬やマウスウォッシュを使う場合は、濃度や味、安全性に注意して選びましょう。使いやすく刺激の少ないものを選ぶのがおすすめです。